Higasihyama water tower
東山給水塔

名古屋市千種区田代町字四観音道西


東山給水塔(ひがしやまきゅうすいとう)は、名古屋市千種区田代町にある給水塔である。
この給水塔は1930年(昭和5)3月に建設され1973年(昭和48)までの43年間、千種区覚王山一帯の高台に給水するための配水塔として利用された。

塔の高さは37.85m、最上部にある貯水タンクは、直径8.4m深さ7.2mのおわん形で、1979年(昭和54)からは災害対策用の応急給水施設として常に約300m³の新しい水を貯えている。

1983年(昭和58)に、塔の最上部に展望スペースが設けられ現在の形になり、市民に「とんがり帽子の給水塔」として親しまれている。


watertower1

あ。ナゴヤドームだ。スカイタワーだ。
あ。ナゴヤドームだ。スカイタワーだ。

営業時間
毎年2回のみ一般開放
春分の日、8月8日(まるはちの日)

交通アクセス
地下鉄東山線「覚王山」徒歩10分
市バス茶屋12,千種巡回「姫ヶ池」徒歩3分

mapionの地図を詳しく見る。こちら

塔の内部。タンクの底が見えます。
塔の内部。タンクの底が見えます。



QuickTimeバージョンなめらかバージョン
真夏の給水塔(FLASH版)
真夏の給水塔 


360°パノラマ写真はAdobe FLASHプレイヤーに対応していますので、すぐにご覧いただけます。

Deval ver.では、よりスムーズな映像でご覧いただけます。(※要DevalVRプラグイン)
QTはQuick Timeでご覧いただけます。(※要QuickTimeプラグイン)



塔の下にあるバルブ
塔の下にあるバルブ



from NAGOYA


Copyright (C)2014 by fromnagoya.jp all rights reserved.  Team YOBITSUGI SAKURA MOTOKASADERA
from NAGOYA内のコンテンツの無断転載を禁止します。著作権はfrom NAGOYA またはその情報提供者に属します
from NAGOYA