Linimo
リニモ(東部丘陵線)




リニモ(Linimo)は、名古屋市東部を走る磁気浮上式鉄道「東部丘陵線」の愛称である。
名古屋市東部のターミナル駅藤が丘駅から、豊田市の八草駅まで8.9kmを17分で結ぶ。

名古屋市東部は起伏の多い地形のため、アップダウンに強いリニアモーター方式が採用された。
軌道から6mm浮上し走行するためたいへん静かである。最高速度は100km/h、最大登坂勾配は70‰(パーミル)を誇る。

2005年(平成17)に開催された愛・地球博会場アクセス鉄道として活躍した。
愛知県では、名古屋東部丘陵地帯一帯を「あいち学術研究開発ゾーン」と位置づけ、リニモはその中心を担う路線として期待されている。



関連ホームページ
http://www.linimo.jp/


QuickTimeバージョン旧FLASHバージョンなめらかバージョン
リニモ100系
 :: リニモ100系 


360°パノラマ写真はHTML5に対応していますので、すぐにご覧いただけます。


※QT,FLA,Devalver.は旧プレイヤー用です。


迎賓館は愛・地球博記念館としてリニューアル
迎賓館は愛・地球博記念館としてリニューアル。


リニモはATOによる自動運転です。
リニモはATOによる自動運転です。

linimo1 愛・地球博記念公園(モリコロパーク)の案内
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)の案内。



from NAGOYA


Copyright (C)2018 by fromnagoya.jp all rights reserved.  Team YOBITSUGI SAKURA MOTOKASADERA
from NAGOYA内のコンテンツの無断転載を禁止します。著作権はfrom NAGOYA またはその情報提供者に属します
from NAGOYA